バイクの洗車方法

バイクの洗車の方法

バイクの査定額アップポイントで「洗車してきれいな状態に」とお伝えしましたが、そもそも一度も洗ったことがないという方もおられると思います。

 

洗車をしたことがある方でも、「洗車しても愛車がピカピカにならない」なんて、経験があると思います。

 

洗車はポイントを抑えて行えば、ずっと楽にキレイになります。

汚れが目立つ部分を効率よく洗車しよう!

バイクの洗車

バイクをキレイに見せる洗車のポイントはいくつかありますが特に、エンジンやミッション、リヤホイールのオイル汚れはホコリを呼ぶので、こまめに掃除しテおきたいところです。

 

また、フェンダーやエンジンの下はタイヤが巻きあげた泥で汚れやすいです。

 

泥汚れは腐食の原因にもなるので、早めに掃除るべきです。

 

洗車のタイミングは、汚れが目立つようになった時が目安。

 

洗い流す程度でもいいから洗車しよう。

 

また、雨の日に乗ったり、海岸の近くを走ったあとは、なるべく早く洗車することをおすすめします。

 

そのままにしておくと、サビや腐食の原因になるからです。

 

また、洗車はメンテナンスの第一歩と言われます。

 

洗車をする時に、ちょっと気を付けるだけで、破損しているパーツが見つかったり、緩んでいるボルトを発見したりと愛車の不具合が見つかり、トラブルを未然に防ぐ効果もあります。

 

でも、洗車の方法を間違えるとトラブルの原因にもなりかねないので注意が必要です。

 

とくに水洗い。

 

実は、水をかけてはいけないパーツがあるのです。

 

ココに水をかけるのはNG

 

メーター
真上から水をかけるのは問題ないが、裏側から水をふきかけるのはショートの原因になるので厳禁。

 

スイッチ
水が入っても抜ける構造になっているとはいえ、大量に水をかけるのは避けたい。

 

キャブレター
キャブレターは密閉されているものの、エアクリーナーの吸気口に水をかけないこと。

 

電装系
バイクの電装は防水構造になっているが、コネクターに水がたまると接触不良になるので避けること。


洗車した後は水分を早く確実に取り除こう

バイクの洗車

バイクは大半が金属でできているので、サビの原因となる水は大敵だから、洗車した後はしかりケアしよう!

 

バイクの汚れはいろいろあるけれど、汚れの種類に合った洗剤で分解し、水で洗い流すというのが基本。

 

とはいえ、鉄やアルミといった金属に水分が付着したままだと腐食の原因となるので、なるべく早く、確実に取り除きたいです。

 

そこで、洗車をしたあとは上から下に向かって効率よく水分をふき取ること。

 

また、車体を少し前進させてブレーキを掛けるなどして、くぼみに溜まった水をふるい落とす。

 

そして、最後の仕上げに実際に走行して、バイク全体を乾かしてあげればバッチリです。

 

最後に、ドライブチェーンなど、油分が必要なところに給油しておくのも忘れずに。


揃えたい道具はコレ!

洗車のポイントは、細かい部分に入り込んだ汚れを取り除くこと。

 

まずは、掃除する部分のカタチに合った道具を使いましょう。

 

タイヤやホイールなど、大まかな部分を掃除するのに便利なブラシ。

 

クルマ用のものでOKです。

 

歯ブラシは、細部の掃除に大活躍します。

 

ブラシが柔らかいので、キズが付きにくいので重宝します。

 

エンジンを掃除するには、バイク用のブラシが超便利。

 

空冷用の毛足の長いタイプもあるので、両方そろえておきましょう。

 

軍手は手を守るだけでなく、ブラシやぞうきんで落としきれない細部を掃除できるなど大活躍アイテムです。

 

楊枝は細部の汚れを取り除くのに便利なアイテム。

 

キャップボルトは綿棒で掃除するのがコツです。

 

ウエスはボディを拭く新品と、使用済みの2種類を用意。

 

汚れた足回りなどは使用済みを使いましょう。

 

ボディの洗車にはスポンジが最適です。

 

コレひとつでかなり重宝するので、大小2つ用意しておくのがベストです。

 

こんなときに便利です!

 

上の洗車に使用する便利アイテムが揃ったら、今度の洗車で是非使おう!

 

きっと大活躍間違いなしです。

 

ブレーキ周りは、パッドの削れカスが付着しやすいです。

 

毛足のながいブラシと歯ブラシを併用して掃除しましょう。

 

ホイールのリムやスポークは、軍手でなでるように掃除するのがポイント。

 

そのためにも、手荒れしない洗剤を選びたいです。

 

ハンドルスイッチは雑巾で大まかな汚れを落とし、歯ブラシで細部の汚れを掃除すると効率がよくキレイになります。

 

フューエルリッドは、キーホールなど汚れがたまりやすい場所。

 

目立つところを歯ブラシなどで掃除しましょう。

 

エンジンは柄が細く毛足の長いバイク用の洗車ブラシが有効。

 

特に、空冷エンジンには必要不可欠だ。

 

用意する道具
車用ブラシ、バイク用ブラシ、歯ブラシ、スポンジ大小、軍手、雑巾

 

バイクの洗車用品