バイクを1円でも高く売る方法

バイクを盗まれないようにするにはどうすればいい?

ある朝起きたら、停めていたバイクが忽然と姿を消していた:…。

 

瞬時には状況が把鐸できず、続いてやり場のない怒りが込み上げ、最後に大きな失望感に包まれる…。

 

こんな経験をしている人は、残念ながら少なくはないです。

 

現在、実際に年間百万台以上のバイクが盗難にあっているというのが現実です。

 

近年増えているのが、外車やピックバイクなど高価なモデルを狙う、プロの窃盗団による犯行だ。彼らは、高価なバイクを盗んでそれを販売して生計を立てています。

 

したがって、準備も周到で、白星をつけたバイクの駐車場を下見し、どんな予防策を講じているかチェックしています。

 

盗めそうだと分かったら、期日を決めて専用の機器などを持ち込み、またはバイク業者を装い、複数の人数でコトに及ぶのです。

 

そんなプ口に目を付けられたら、ハンドルロックだけなんてバイクはあっという聞に盗まれてしまいます。

 

いったん狙われたら防御するのは大変なことなのです。

 

ではどうすればいいのか…。

 

盗難防止の基本は「狙わせない」こと。面倒でも防犯アイテムを数多く装備することで、盗む気を起こさせないようにすることが大事です。

 

「盗むには手間がかかりそうだ」と思わせることが特に重要となってくる。自分のバイクが「狙われている」ということをくれぐれも忘れないようにしてください。

 

今すぐできる、盗難対策6つのポイント

保管の際に重要になるのが盗難対策。

 

盗難被害が1番多い場所は、自宅やマンションなどの駐輪場、愛車を守る為にはどうする?

 

目が届く場所に駐車

 

盗難防止の第一歩は、難しいかもしれないができる限り目の届くところに停めることです。

 

コレはどんなシチュ工ーションでも一緒。

 

四六時中見張っているワケにはいかないが、定期的にチェックして「見られているかも」と窃盗団に思わせることが重要なのです。

 

書類はコピーをとる

 

車検証や登録証は必ずコピーをとって、しっかり保管しておくことです。

 

運転する際は、「本物」を携帯する必要があるため、車両ごと書類を盗まれるケースが多いからです。

 

万が一盗難にあった際、被害届を出すのに車体番号などバイクの詳細が必要となります。

 

G防犯に加入しておく

 

全国二輪安全普及協会が行っているグッドライダー・防犯登録。

 

この「G防犯」は警察と二普協、加盟販売店をオンラインで結び情報を共有し、盗難車の早期発見に効果を挙げています。

 

新車はもちろん中古車でも登録できます。

 

必ずハンドルロックをする

 

チョy ト停めただけの瞬間に乗り逃げ。

 

最近増えているバイク盗難の手口です。

 

コンビニで買い物するときなど、ついついガードが甘くなりがちだが、どんなに短時間の駐車でも、最低限ハンドルロックは絶対にかけることを忘れないように心がけましょう。

 

チラシはすぐに取外す

 

バイクのハンドやミラーに「バイク買取」などのチラシが付いていたら、速攻で取り外すようにしましょう。

 

いつまでもチラシが付いたままだと「このバイクの持ち主は、あまりバイクのことを気にかけていないな」と判断して犯行に及ぶ可能性が大きいのです。

 

お隣さんと仲良くしよう

 

不審者がパイクに手を伸ばしたとき、近隣の人がそれを目撃して[盗難jと気づいてくれるだろうかつ普段から密にご近所づきあいをしていれば、異変を伝えてくれたり、万一のときに通報してくれたり、と盗難が未然に防げるかもしれません。