バイクを1円でも高く売る方法

バイクの個人売買の必要書類

売却に必要なものは、

 

印鑑

車検証

自賠責保険証

 

この3点セットが基本です。

 

買い手が一人で登録変更する際は、委任状が必要となります。

業者任せなら楽だが個人売買は手間がかかる

バイクショップや買取業者に売却する場合は、必要な書類を相手が揃えてくれるので、印鑑を用意するだけと簡単ですが個人売買となるとちがってきます。

 

売却するには、名義変更が義務付けられ、まず、その書類が必要となってきます。

 

難しいのは譲渡証明書を書く場合のみだですが、行きつけのバイクショップや過去に個人売買を経験した友人などにアドバイスをもらった方がいいでしょう。

 

特にショップで新しいバイクを買うことを予定しているなら、より高く車両を売却するために個人売買を利用する人は、ショップから譲渡証明書をもらえたり、売買のアドバイスを受けやすいです。

 

売却が決まれば、早めに手続きを済ませるように相手に催促し、名義変更後は、そのコピーをFAXや郵送でもらって確認しましょう。

 

そして、手続きが早く済めば、任意保険を早めに凍結しましょう。

 

バイクの種類と手続き

排気量

原付(125cc)

軽二輪(126〜250cc)

小型二輪(251cc)

管轄機関

市区町村

運輸支局または検査登録事務所

運輸支局または検査登録事務所

 

原付きや125cc以下のバイクなら各市区町村が管轄しているので名義変更は簡単。

 

通常は車検のない250cc以下の車両は検査登録事務所、車検のある251ccは陸運局で登録を行う。

廃車手続きに必要な書類

原付(125cc以下)

軽二輪(126〜250cc)

小型二輪(251cc〜)

標識交付証明書
印鑑(使用者のもの9
ナンバープレート

申請書(軽自動車届出済証返納届)
軽自動車届出済証
返納証明書交付請求書
軽自動車届出済証
印鑑(使用者のもの)
ナンバープレート

申請書(軽自動車検査証返納証明書交付申請書)
手数料納付書
自動車検査証
印鑑(使用者のもの)
ナンバープレート

 

市町村で必要とされる書類欄には買い手と売り手の2人で行うのが基本のため、譲渡証明書の記載がない。

 

定型用紙は文房具店などで販売されている。