バイクの保管方法

バイクを高く売りたいなら保管もしっかりと

一戸建てに住んでいても、屋内ガレージ保管できる人は少ないです。

 

都会に住んでいる方なら、自宅のわずかなスペースや、共有駐車場などを利用しているのが現状ではないでしょうか?

 

そうすると、雨風を防ぐのはもちろん、紫外線による塗装の劣化やメーターパネルの色あせなどを防いでくれるボディカバーが必要となります。

 

また、車両を特定できないようにするためにも役立ちます。

 

盗難防止効果もあるということです。

 

なので、ボディカバーの選び方のポイントは、まずは、バイクを丸ごとすっぽりと覆われるサイズにすることです。

 

ハーフカバー
前後タイヤにチェーンロック

 

 

そして、下回りがストラップによって絞り込めばベストでしょう。

 

最近では、前後タイヤにチェーンロックをかけられるホールを設けたものもあります。

 

まtア内部に湿気がこもるのを逃がすことができるように、換気口を設けているものもあります。

 

カバーをかける際は、マフラーやエンジンの熱でカバーが溶けないように注意しましょう。

 

裏側に難熱素材が備えられているタイプを選んで、できるだけカバーは熱が冷めてから掛ける週間をつけてください。

 

カバーするのはめんどくさいとは思いますが、このひと手間が査定価格に影響することもあります。

 

ですので、めんどくさがらずにバイクカバーはしましょうね。