オークションでバイクを売る

高額で売れる場合もあるがトラブルもある!それがオークション売買

ネットオークションは専門業者のマージンが抑えられるため、高く売れる可能性もあります。

 

しかし、個人の信用に委ねられるためトラブルが発生することもあります。

 

でも友達などはオークションで売ればいいのに!とアドバイスをくれます。

 

希少車など扱う業者が限られている車両の場合や、あらかじめ最低額を決めておくなどすれば、ショップや買取業者が提示した以上の金額で販売することは可能です。

 

ヤフオクなどは会員制で、過去の評価基準で買い手や売り手が判断できるシステムを導入してから、その規模に比べるとトラブルは少ないです。

 

でも本当にトラブルはないといいきれるのでしょうか?

 

どんなオークションでも、個人売買による問題も抱えているようです。

 

そこで、トラブルを避けるには、まず自己流でもいいので売買契約書を作ってみましょう。

 

売買契約書

 

買い手側にはお金を払った確認の領収書に、売り手側には、「自分の愛車を相手に売りましたよ」という覚書にもあります。

 

この売り手側が作成した方がいいです。

 

特に難しいことはなく、日付、売主の名前、買い手の名前、車台番号、ナンバーが付いていれば、ナンバー記号、「売主が買い手に販売しました」と一文を書き添えた紙に署名と捺印ができるようにしておけばいいです。

 

ここで大事なのが、ナンバー付きなら、名義変更をする期限を明記しておきましょう。

 

個人だと日常の片手間に手続きを行うので、登録が延び延びになってしまうことがあります。

 

また、4月1日をまたいでしまうと、売主に重量税がかかってしまいます。

 

さらに名義変更前に買い手が駐車違反を犯すと、売り手に支払い通知書が送られてくるってことも…。

 

そんな場合にも、売買の事実と略儀変更の約束が明記された売買誓約書役立つのです。

 

といわれても、そんな難しい契約書なんで作れないと思うのが普通です。

 

売買契約書用紙は売っていますので利用すれば、誰にでも売買契約書は作れます。

 

売買する価格の相場は、バイクの一括無料査定を利用してみてください。